読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靖子の夢

光浦靖子さんの新刊『靖子の夢』を買いました。

元々好きだった光浦さんのことを本格的に大好きになったのは

テレビブロスの連載の文章を読んでからです。

光浦さんの文章は、いつも優しくてチャーミング。そして、繊細な乙女です。かわいい。

そして、光浦さんはとてもおしゃれ。

文章も服も髪型もセンスに溢れていて知れば知るほど大好きなのです。

 

今回もそれらの魅力がいかんなく発揮されていて

文章から、ブローチ作品から、写真から、光浦さんの愛が溢れています。

 

私はアラサーになり、歳しか取っていない現状に

周りから色々と耳の痛い話を聞くことも多くなりました。

 

“”自分らしく楽しく生きてきた結果が歳しか取らなかっただけ”なので、

彼氏がいないことに理由はないし、「なんでいないの?」なんて聞かれても困惑するばかり。

家に帰りひとりになった時に、世間の当たり前とは違う歳の取り方をしていることを痛感させられ精神をすり減らしていたことに気付き、

私は楽しく好きなものを見て生きていくだけじゃ駄目なのかなぁ、なんて落ち込んだりもしていました。

 

 

「靖子の夢」はそんな私もまるごと包んであたたかい気持ちにさせてくれました。

 

<中略> どうにでもなる。どうとでもなるんです。手に入れられたら幸せ、手に入れられなかったら不幸せ、そんな単純じゃない。

手に入れてないから私は自由を手に入れた、と夜中に楽しくなっちゃったんですね。

(はじめに より)

 

これを読んだ時に急に視界がパッと明るくなったように感じました。

そうだ、そうなのだ!そんな単純なものだけが幸せじゃない!

世間の目ばかり気にして見失っていなかったか、と。

“手に入れてないから私は自由を手に入れた”

なんて希望に満ちた言葉なんだろう。って涙が出てくるくらい嬉しかったです。

 

光浦さんの作り出すブローチは愛に溢れています。

どれも素敵!と唸るものばかりだったけれど

特にMeiランドのMei達がみんなキュートで愛らしい。

カレンダーもかわいい。そこに添えられた言葉も素敵。

キュートな光浦さんのお写真も沢山見れますよ。

 

『靖子の夢』を読み終えて、周りの声に振り回されていた自分が馬鹿らしくなりました。

私は私らしく、好きなことをしていいんじゃないか

小さな、ばかげた夢でも持っていていいんじゃないか

 

光浦さんのような素敵な女性を見ると、あんな風に歳を重ねていけたらな、と

これからの人生に少し希望の光が見えたような気がして、楽しみになるのです。

勿論そうなるためには、もっともっといろんなことを頑張らなくてはいけないのだけど。

 

靖子の夢、また何度も周りの声に振り回されて精神をすり減らしても

ここに戻って何度も宝物のように抱きしめて読み返していきたい。

そしてこれからの人生にわくわくしていきたいな。

乙女のかわいらしさと愛が詰まった、素敵な本なのです。

 

靖子の夢

靖子の夢

 

 

 

 

 

好きなタイプを聞かれた時なんて答える問題

私みたいな彼氏がいない人間は、

いつも飲み会の席でみんなが心配して色々質問してくれるのですが、
毎回される質問で困ることがあります。

それは、“どんな人が良いの?”という質問。
相手は良かれと思ってこの質問を投げかけてくれる(実際話題がないと私も人に聞いてしまう)のだけれど
これを聞かれると、私はいつも・・・うーん・・・と悩んでしまうのだ。

悩んでしまう理由1
彼氏がいないのが当たり前の生活なので彼氏像を確立できない。
どんな人がいいか、男の人のことをいい歳なのにほとんど知らない。
未知の領域。
そのため、経験したことがないことを具体的に答えるのが難しく
…うーむ、と悩んでしまうのである。

悩んでしまう理由2
彼氏いない歴=歳 という呪い。
ここまで彼氏がいないと、何選り好みしてるんだよ、と思われると思う。
それが、だから彼氏がいないんだ!につながってしまうのが怖い。
また、彼氏が長年いないことが自分自身の呪いになってしまい、
こんな私が好きなタイプとか、申し上げられる立場ではないのでは…?と思ってしまう。
よって、「働いている人がいいです…」というなんとも抽象的な回答をしてしまい、結果誰でも良くなかった、と後の祭り状態

と、いう訳で聞かれるといつも口ごもってしまう訳です。

だがしかし
こういう人は苦手だな…ポイントで考えると、
すぐ出てくるわけです。(人に言える言えないは別として)

さてはて、どうしたらよいものでしょうか。

恋愛以外では本当に幸せ者だと思うのですが
恋愛で幸せを感じることはできるのでしょうか。

アラサーの私、こうご期待!!

占い

先日占いで手相を見てもらってきた。
どうやら私の手相は、右と左が全く違う手相をしているらしい。

“右手は明るくて自由がすき。
左だと、慎重でネガティブだね。

右は、尽くすよ、アゲマンだね。
左は、アゲマンじゃないね。”

手相が違うからしょうがないのかもしれないのだが
正反対のことを言われると、結局どっちなの?の一言である。

正反対のことをこれ、でもこっちはこれなんてどちらも言われたら
大抵の人間はどちらかには当てはまるだろうよ・・・
なんて冷めた気持ちで考えてしまうのである。

答えは出ずうやむやに診断が終わる。

結局私はどんな人なのか
どんな傾向なのか、まったくわからないのだ。

ただ後押ししてくれるアドバイスをくれたら
それを信じて進めるのにな。

なんて思いながら、今日もぐうたらツイッターを眺めているだけで一日が終わっていくのであった。

レベルとは

出会いがないのは

好きではない人に好かれて気持ち悪いと感じるのは 

全て自分のレベルが低いから

もっと感謝をするべき

 

って答えはただの呪いだよ

暴力的な言葉だよ

 

そう思うのはお前のレベルが低いからだって

お前がダメだからって一蹴する話じゃないよ

もっと根深いよ

 

これを書かれてしまったら

相談者は自分を責めてもっと自信をなくすよ

心は死ぬよ

 

そんな呪い、クソ喰らえ

 

アラサーは何かしてないと焦る

焦るから何かしなくちゃと思う

 

私が動くのは

日々にも

何もできない自分にも

焦っているから

 

動かずにはいられないのだ

 

自信を身に纏うために

今日も動く 

妄想彼氏

光浦靖子さんが好きだ。

テレビブロスの連載の文章を読んで、なんて乙女でかわいい人なんだ!とどんどん好きになっていった。

「ブスで稼ぐ目標額は貯めたから、これからは良い女として生きる」

といっていて、その通りどんどんキレイになっていく。おしゃれ。乙女。賢い。

 

そんな光浦さんが、妄想で彼氏を作って生活をしているという話を聞いた。

妄想彼氏がいるから、彼氏のために部屋をきれいにしなくちゃ、ちゃんとしなくちゃと思うのだという。

 

そ れ だ!!

と思った。

 

私も妄想彼氏を作ることにした。

 

彼氏のために美味しい料理を作って食べてもらいたい

部屋を掃除をしなくっちゃ

服に気を遣わなくっちゃ

お肌を整えなくっちゃ

 

これが生活をするのにとても捗る。

そもそも私は極度のめんどくさがりだ。

家に帰ったらボーっとしないと動けない。

予定のない休日はひたすたボーっとして終わる、そんな女だ。

 

だがしかし、(妄想上の)素敵彼氏に似合う私にならなくちゃ!

という気持ちだけで重い重い腰があがるのだ。

 

そして、楽しい。

とても楽しい。自分のためだけだとこうも動けないのに、

彼氏が喜ぶぞ、と思うだけでルンルンで家事が捗っていく。

 

このまま、妄想彼氏を従えて生活を向上させていき

あわよくば、本物の彼氏ができたらなぁ、と思うのでした。

 

好きな俳優とかを脳内で浮かび上がらせると

最高に楽しい気持ちで色々捗るのでおすすめします。

 

ただ、あまり人には言えないよね。

こっそり、向上していきます。

価値

「自分の価値は自分で決める」

 

その言葉に、私はそりゃそうだろ、と思った。

一緒に聞いていた友人は、

それがしたくてもできない、と言っていた。

 

他人に価値を求めてしまうからだめになってしまう

だから他人に価値を求めるのは辞めて自分で価値を決めないと、

という言葉が

深く刺さっていた。

 

私がそれは当たり前なんじゃ、と刺さらなかったのは

生まれてこのかた、価値を求める相手に出会えていないからだ。

 

依存する場所がなかった。

1人で十分に楽しんでここまできてしまったのだ。

 

他人に価値を求めることが

今の私には難しい。

 

他人に価値を求めるのは

他人にとって迷惑なのではないか、とも考える。

 

だったらいっそのことと

楽しいことをひとりでやってしまうことが増えていった。

それは歳をとればとるごとに。

 

私は他人に価値を求めてみたいものだよ。

 

人生が違う分、

人の心に強く刺さる部分が一般社会とはずれてしまっているようだ。

 

ひとり、楽しいもん。

ひとり、気楽だもん。

 

ひとりで楽しめることも、

ふたりで行きたい、ひとりじゃ行けない、なんて言ってみたいもんだな、と思う。

 

他人に価値を求めた上で

自分で価値を決めなきゃ!と思う人間になりたいものだ、と少し思ったプロの独身なのでした。