読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしてSAKEROCKは続く

6/2に両国国技館で行われたSAKEROCKの解散ライブ。

そのブルーレイが発売になりました。

 

映像に映っているメンバー達は 終始楽しそうで

SAKEROCKをみんながみんな楽しんでいるように見えた。

 

こっちも思わず笑っちゃったりじんわりしたり

自然と体が動いちゃう、そんなライブとドキュメンタリーが詰まっていた。

 

“解散”はとても悲しいし寂しいことだけど

それだけではなくて、解散するからこそできることがある

解散するからこそ心から楽しんでやれることがあるってことを

この映像を観て思い知らされた。

 

SAKEROCKのメンバーは、全員それぞれが大活躍をしているけれど

映像に映っているSAKEROCKは時を経て売れっ子になっても

ずっと変わらない、紛れもなくSAKEROCKだったのだ。

 

時が経って周りの環境も変わることが沢山あっても

本人達の根っこがずっと変わっていない。

 

そして、これからも。

ファンが、スタッフが、SAKEROCKを宝物だと思うように

本人達もずっと大切に思って続いていくのではないだろうか。

 

SAKEROCKは最後まで最高のインストバンドです。

観れば絶対に分かるはず。

 


SAKEROCK / LAST LIVE “ARIGATO!”【予告編】

 

そして、SAKEROCKは続く。

 

次のライブは、あの世で。

 

 

 それまではこのライブDVDや

今までの作品を

宝物のように見続けていこう。

 

 

 

1/23 「星野源 LIVE TOUR 2016 “YELLOW VOYAGE“」

行ってきました、さいたまスーパーアリーナ

 

星野さんを観るのは復帰初ライブの武道館以来。

 

新しいアルバムを買えてなかったので少しの心配はありましたが、

始まってしまえば無問題。

 

さいたまスーパーアリーナはアリーナから一番上まで人で埋め尽くされてました。

初めて観に来ている人も多くて

取り巻く環境や人は変わってたり

今まで観た中で一番ステージが遠かったのだけれど

当の本人は変わってないんだろうな、って思える瞬間が沢山あった。

 

バンドメンバー、大地くん卓史くんと3/5SAKEROCKだし

伊賀さんも長岡さんも、いつものメンバーですんばらしい音を作り出しておりました。

それが嬉しくて、涙腺を刺激してみたり。

 

ステージが凄く遠かったのでモニターに映る後半まで顔は見えなかったけれど

シルエットでもドラムを叩いているのは大地くん…!とすぐ気付くことができるドラムさばきなのは流石です。

 

続きを読む

慌ただしい年末年始

モーニング娘。’15の推しメン、鞘師里保ちゃんの卒業が12月いっぱいだということで、12月はヲタ活にこれまでにないくらい費やしました。

 

12月7日は日本武道館

私にとって15最初で最後の公演でした。

りほりほのパフォーマンスを観れるのは最後になるかもしれない、と

ずっとりほりほを追っていましたが、気付いたらずっと大号泣。

サイリウムの準備よりハンカチの準備のほうが必要だったのでは、と思うくらいひたすら涙がとまらない。

 

メンバー全員、パフォーマンスは堂々としていて

カッコ良くて頼りになって圧倒されました。

もちろんアイドルのかわいさも沢山あるんだけれど、それ以上にカッコいい!と言いたくなる完成度の高いショー。

ずっと圧倒されっぱなしでした。

 

その後も初めてのチェキ会

鞘師里保写真集での握手会

そしてリリースイベント

そしてりほりほ最後のステージとなるハロコンカウントダウンもLVで参戦(途中までだけど)

 

最後まで鞘師里保という子の愛され力やかわいさ、かっこよさに魅了されっぱなしの毎日。

 

燃え尽き症候群のようです。

 

12月は鞘師に集中するぞ!と思っていたら

26日にパーケンさん逮捕。

 

生粋のニコキンファンは動揺を隠せませんでした。

 

パーケンさんのやっていたことは間違いだし絶対やってはいけないことなのはわかっているんだけれど

でもそれだけがパーケンさんではなくて

パーケンさんの良いところを沢山ニコキンで見てきたつもりだったから

やっぱり嫌いにはなれませんでした。

いや、はなから嫌いになるつもりなんてないのだけれど。

 

ずっとパーケンさんには幸せになってほしい、と思っていました。

きっとキングファンはみんな思っていたのではなかろうか。

それは今でも変わりません。

 

はぁ、まとまらなくなってきたけれど

こうして2015年は、私の応援している大好きな人がいろんな形で見れなくなってしまったので年末はずっと気持ちが落ち着かなくて大変でした。

 

2016年は楽しいこと沢山するぞ!楽しいで動くぞ!

地に足着くぞ!沢山考えるぞ!!

 

良い女になるぞ~(笑)

 

社会的にまずいので彼氏作れるように頑張ります。

 

好きな人ほしいぞ。

 

文章面白くなりたいぞ。

 

 

 

広島一人旅<二日目>

素敵なゲストハウスでは、安眠で21時にぐっすり。

翌朝は7時に出て、尾道商店街をぶらぶら。

尾道帆布のバッグを買ったりしましたが、まだカフェは空いていないところが多い。

数少ない空いているカフェで朝ごはんとして選んだものはビーフシチュー!

これがサービス?なのかなかなかボリューミー。

朝からこのボリュームに打ち勝てず、若干の胃もたれを感じながら広島へ出発!

 

目指すは宮島です。

電車に揺られること、約二時間。

 

宮島へ行くフェリー乗り場へ。

船はわくわく!

厳島神社の鳥居が見えてきてテンションはあがりまくりです。

 

宮島は、野性の鹿がたくさん。

中学生に鹿がしつこいくらいについていく微笑ましい光景も。

 

島、鳥居、天気が良い!

にやにやしながら厳島神社へ。

 

厳島神社は広い、立派。

しっぱり御朱印張も書いてもらいましたよ。

 

二時間くらいぷらぷらした後は広島焼!

と思ったのですが、ビーフシチューも胃もたれ具合をまだ引きずっていたためお好み焼きは泣く泣く諦めることに。

 

焼き牡蠣に舌鼓をしながらもみじ饅頭ひとつをお土産として購入。

 

こうして私の広島一人旅は幕を閉じたのでした。

 

名物、あんまり食べられなかった~

ハプニングばかりだった!

 

でもハプニングも私らしいものでとても思い出深くなりました。

 

日本全国制覇するぞ!

 

また行きたいな~

 

ジャルジャルについて

ジャルジャルM-1、ファーストステージで予選一位通過しました。

一本目のネタ後、福徳さんが

"僕ら人間として普通なので、ネタで頑張らなければどこで頑張るねん、と

そういう変なコンプレックスを抱えて芸人やってるんでネタで頑張りました"

とコメントしていて、凄く当たり前で分かっていたことだけれども

一生懸命必死に漫才をやっていることが伝わってきてぐっときました。

 

私はジャルジャルコント師だと思っているから

M-1優勝したら漫才ばかりでコントが観れなくなっちゃうのかな、とか

少し考えてしまったのですが、

ジャルジャルジャルジャルらしく面白さを追求してくれればある形はなんでもいいんですよね。

 

ジャルジャルは世間では叩かれがちですが、

二人とも笑いが好きでストイックだと思います。

誤解されやすいですが、別にとがっているわけではないと思うんです。

 

トークが苦手な分、ネタは本当に面白い。

好き嫌い別れるかもしれないけれど、私は大好きで。

 

面白いのに世間からはつまらない、と言われるのが悔しくて。

だから今回のM-1で評価をもらえたのが嬉しかった。

いつもは?な反応をしている友人達からも

ジャルジャル面白かったよ!」って言ってもらえることが多くて

自分のことのように嬉しくなりました。

 

ジャルジャルは過去に何度も私の期待を遥かに超える勢いで笑わせてくれました。

ジャルジャルに関するネタの基準値はその度にあがっているので

面白かったけれど、前回ほどでは…という時もありました。

 

でも、それを何度も飛び越えて

時には呼吸ができなくなるくらいのネタを何個もやってくれるのです。

 

だから単独ライブは毎回絶対に見逃せないと思うし

ジャルジャルのDVDも買います。

ネタは何度も見たくなるものばかりなのです。

 

今回を機にジャルジャルを面白いと思ってくれる人が増えたら嬉しいな、と心から思います。

そして今度は、コントでてっぺんを獲ってほしい。

もちろん漫才でも。天下を獲ってほしい。

 

そう思わずにはいられないふたりです。

ジャルジャル

 

そしてきっとそう思っている人たちが沢山いるんだろうな。

周りのスタッフさんも、ファンも。

 

ただのファンのたわごとです。

 

次の単独絶対に行くぞー!!!!!

 


ジャルジャル コント 【新入社員説明会】 - YouTube


ジャルジャル - YouTube


ジャルジャル コント 【芝居観に行った奴ら】 - YouTube

 

ギャグラリー

11/23 ルミネtheよしもとで行われたギャグラリーというギャガーによるギャグのしりとりイベントに行ってきました。

出演者は以下の通り。

 

・IQギャガーズ(サンシャイン池崎&ギース高佐)

・オモandロイ(キンコメ高橋&鬼ヶ島野田)

コサキン2015(ずん飯尾&流れ星ちゅうえい)

・肉糞師弟コンビ(野性爆弾くっきー&ハブちゃん)

・佐久SHOW(さっくん&庄司)

・Wおじさん(ずんやす&イワイガワジョニ男)

・ネオブラッツ(や団本間&TEAM近藤)

・ハリウッド版DB(ザコシショウ&R藤本)

 

登場シーンから情報が多すぎて処理するのに時間がかかります。

・くっきーがハブちゃんを飼っている(ハブちゃんは土佐犬らしい)

ハブちゃんがかぶったストッキングの先をくっきーが持っているかと思いきや

くっきーの指が伸びてハブちゃんに刺さっている設定とのこと

・オモ(高橋)は赤の、ロイ(野田)は青のタートルネックユニクロのレディース)

・IQギャガーズ、サンシャイン池崎のIQは28,000に対し、高佐さんのIQは123。

高佐さんは早稲田を中退していて池崎さんは国立を本当に出ているので

IQはサンシャイン池崎が担当、ギャガーは高佐担当です

 

等。

オープニングからごった返しでおります。

 

初戦はIQギャガーズ VS オモandロイ。

 

オモandロイはなんでだろう オモandロイバージョンを披露。

どうやらテツandトモのオマージュだったようです。

IQギャガーズもバッキバキ。

じゃんけん対決でギャガーズが立て続けにギャグを決め

順番にギャグを披露するのがノウハウだと主張するロイ(野田)はやばかったです。

 

対決はIQギャガーズはサンシャイン池崎のギャグに高佐さんが乗っていくセット技スタイルが多く、お互い残り13秒くらいのいい勝負でオモandロイの勝負。

 

IQギャガーズは初戦敗退が勿体ないコンビでした。

初戦から名勝負。

 

続く二試合目

 コサキン2015 vs 肉糞師弟コンビ

 

肉糞コンビは登場からくっきー作曲&くっきー作成小道具で入場。

対決も、くっきーがサイレントで時間を使いすぎてしまい2ターンで敗北という結果に。

 

三試合目

佐久SHOW vs Wおじさん

庄司さんは正装?の上半身裸で登場。

Wおじさんはいつもゴルフでやっているという仲良しっぷり溢れるギャグを披露するも、“ん”がつく単語を多く発し敗退。

最後は「コンドロイチン」(やす)のあとにかぶせたジョニ男さん「チンドロイコン!」でタイムオーバー&んがついてしまう、というきれいな負け方をされてました。

 

四試合目

ネオブラッツ vs ハリウッド版DB

ネオブラッツは二人とも勢いが凄いも会場の空気が微妙になり

A先生「こんなにいきの悪い若手は初めてです!」とコメント。

対するハリウッド版DB。

オープニングは参加拒否、とのことでしたが

登場するとベジータ(R藤本)と

どこかドットの荒いベジータ(ザコシショウ)が。

サコシショウの荒いベジータ最高でした。

 

勝負はそのままベジータが決める展開に。

 

準決勝一試合目。

オモandロイ vs コサキン2015。

コサキン2015は一回戦が肉糞コンビでたいしてギャグもせず勝ったので

これが事実上の一回戦で緊張しています、とのこと。

 

ジャンケンでは、オモがいきなり、「私はオモではない!高橋だ」と高橋じゃんけんをしようとするとすかさずロイが「…え、じゃあ俺は誰だ?」と純粋な戸惑いを見せる。

高橋さんが「お前は野田ゆうすけだ!」と発するとすかさず野田。

「まだロイでいたかったのに…」と純粋な叫び。

 

高橋ジャンケンはブラックすぎるジャンケンでした。

対決はこちらも善戦を繰り広げコサキン2015が勝利。

ちゅうえいさん、飯尾さんどちらも一人ですぐきめるので時間がかからずにいったのが勝因だったのでは。さすがです。

ただ、面白かったけどセット売りでやったちゅうえい「ターン&」飯尾「ターン」

は"ん"がついたのでやり直し。

 

オモandロイは最後、野田「今はどっちだ?」の問いに高橋「俺はオモだ!」の返答。

そのままロイ「あ、戻った」と素の安堵の言葉で去っていきました。

 

準決勝二試合目。

佐久SHOW vs ハリウッド版DB

こちらもとてもいい勝負。

Wベジータベジータなので最後に"~だ! や ~ぞ"がつくものが多く、

佐久SHOWはだ攻めを受けるも見事あと数秒のところで勝負。

 

Wベジータ、とてもいい試合をしてました。

Rさんは言わずもがなですが

ザコシショウのベジータの声も良かったし、地上波に乗せられないモノマネも笑った!

 

そして決勝戦。

コサキン2015 vs 佐久SHOWの一人ひとりギャグが強いコンビが勝ち進み対決。

 

途中、ギャグなのか?ただのしりとりなのか?

分からなくなる熱い展開に一秒も目が離せませんでした。

庄司さんの「…めんこ!」が本当に素晴らしくてしばらく余韻に浸っていたかったけれど対決中なのですぐ次のギャグに集中しなきゃいけない感じが素晴らしい。

 

結果、秒数は数秒残しでコサキン2015の勝負。

ラリーが続く続くで呼吸ができない展開でした。

 

優勝はコサキン2015ですが、

ギャグMVPは庄司さんの「めんこ」に決定。満場一致です。

 

最後はめんこのギャグを披露でエンディングを迎えました。

 

あー。本当に凄かった。

笑いすぎて前半でおなかがすくくらい観ていてもカロリーを消費していた気がします。

 

 

 

 

 

弾丸広島ひとりたび<一日目>

毎日毎日仕事に追われ

周りの人達には「彼氏作りなよ、なんで作らないの」と攻撃をうけ

 

うるさいうるさいうるさーーーーい!!

遠くに行きたーーーーーい!!!

 

と勢いづいた私は一泊二日で弾丸広島一人旅へ。

 

ひとりでだって楽しめるんじゃい。

彼氏作ること以外にも楽しいことたくさんあるんじゃい。

 

そんなこんなで決めたのはぎりぎり二日前。

前日(というか日付変わっていたのでほぼ当日)

広島出身の方にアドバイスをうけ、朝6時に出陣!

 

・・・するはずだったのですが

起きると10時。。

 

OH!!!

この時点でなかなかのタイムロスです。

 

だけれど行くと決めたし

アドバイスしてくれた方にも顔向けできないので

そのまま勢いでしゅっぱーつ。

 

新幹線内もほぼ爆睡で尾道へ着いたのは夕方16時頃。

このまま一日終わるのももったいないので行けるならば!と

千光寺を目指します。

 

千光寺へ行くまではロープウェーを使うためロープウェー乗り場を目指します。

が、乗り場が見つからない。

乗り場を探して急な坂道を登っていきます。

 

まだロープウェーはぎりぎりやっている時間なのに

人気もない。。

坂道がかなり急で普段運動のしない私はゼーゼーです。

しまいには頭に血がのぼり鼻血が出てくる始末…。

 

いつゴールがあるのか分からないままひたすら坂道を登っていきます。

 

やっと人気がある場所へ!

 

と思ったら千光寺も通らず、気が付けばその上の展望台に到着しておりました。

 

おもてたんと違うー!!!

 

な感じで力尽きながら展望台に行ったわけですが、

展望台から尾道を一望できる光景はとても素敵。

夕日が沈んでいくのをずっと眺めておりました。

 

恋人の聖地ということで恋人たちを後目にひとり佇んでおりました。

 

本当は尾道を下りながら素敵なお店を発掘したかったのですが

日が暮れお店も閉まっていて

ただただ真っ暗な道を下りました。残念。

 

さてお店がやっていないのでお腹はぺこぺこです。

 

今日の夜ごはんは駅前で尾道ラーメン+炒飯セット。

背油が良い感じでとても美味。

やっといただいたご当地のご飯に幸せを感じます。

 

宿はゲストハウスへ。

宿のオーナーさんはとても親切で色々な尾道観光プランを教えてくれました。

今はおすすめするお好み焼き屋さんも土日しかやっていなかったようです。

行きたかったアイスやさんも翌日は定休日でした。

弾丸だとこういうことになるよね~。

下調べ、必要!(今更)

 

てな感じでゲストハウスのベッドが心地よくて21時過ぎには就寝した私でした。

 

二日目、後半へ続く!