ギャグラリー

11/23 ルミネtheよしもとで行われたギャグラリーというギャガーによるギャグのしりとりイベントに行ってきました。

出演者は以下の通り。

 

・IQギャガーズ(サンシャイン池崎&ギース高佐)

・オモandロイ(キンコメ高橋&鬼ヶ島野田)

コサキン2015(ずん飯尾&流れ星ちゅうえい)

・肉糞師弟コンビ(野性爆弾くっきー&ハブちゃん)

・佐久SHOW(さっくん&庄司)

・Wおじさん(ずんやす&イワイガワジョニ男)

・ネオブラッツ(や団本間&TEAM近藤)

・ハリウッド版DB(ザコシショウ&R藤本)

 

登場シーンから情報が多すぎて処理するのに時間がかかります。

・くっきーがハブちゃんを飼っている(ハブちゃんは土佐犬らしい)

ハブちゃんがかぶったストッキングの先をくっきーが持っているかと思いきや

くっきーの指が伸びてハブちゃんに刺さっている設定とのこと

・オモ(高橋)は赤の、ロイ(野田)は青のタートルネックユニクロのレディース)

・IQギャガーズ、サンシャイン池崎のIQは28,000に対し、高佐さんのIQは123。

高佐さんは早稲田を中退していて池崎さんは国立を本当に出ているので

IQはサンシャイン池崎が担当、ギャガーは高佐担当です

 

等。

オープニングからごった返しでおります。

 

初戦はIQギャガーズ VS オモandロイ。

 

オモandロイはなんでだろう オモandロイバージョンを披露。

どうやらテツandトモのオマージュだったようです。

IQギャガーズもバッキバキ。

じゃんけん対決でギャガーズが立て続けにギャグを決め

順番にギャグを披露するのがノウハウだと主張するロイ(野田)はやばかったです。

 

対決はIQギャガーズはサンシャイン池崎のギャグに高佐さんが乗っていくセット技スタイルが多く、お互い残り13秒くらいのいい勝負でオモandロイの勝負。

 

IQギャガーズは初戦敗退が勿体ないコンビでした。

初戦から名勝負。

 

続く二試合目

 コサキン2015 vs 肉糞師弟コンビ

 

肉糞コンビは登場からくっきー作曲&くっきー作成小道具で入場。

対決も、くっきーがサイレントで時間を使いすぎてしまい2ターンで敗北という結果に。

 

三試合目

佐久SHOW vs Wおじさん

庄司さんは正装?の上半身裸で登場。

Wおじさんはいつもゴルフでやっているという仲良しっぷり溢れるギャグを披露するも、“ん”がつく単語を多く発し敗退。

最後は「コンドロイチン」(やす)のあとにかぶせたジョニ男さん「チンドロイコン!」でタイムオーバー&んがついてしまう、というきれいな負け方をされてました。

 

四試合目

ネオブラッツ vs ハリウッド版DB

ネオブラッツは二人とも勢いが凄いも会場の空気が微妙になり

A先生「こんなにいきの悪い若手は初めてです!」とコメント。

対するハリウッド版DB。

オープニングは参加拒否、とのことでしたが

登場するとベジータ(R藤本)と

どこかドットの荒いベジータ(ザコシショウ)が。

サコシショウの荒いベジータ最高でした。

 

勝負はそのままベジータが決める展開に。

 

準決勝一試合目。

オモandロイ vs コサキン2015。

コサキン2015は一回戦が肉糞コンビでたいしてギャグもせず勝ったので

これが事実上の一回戦で緊張しています、とのこと。

 

ジャンケンでは、オモがいきなり、「私はオモではない!高橋だ」と高橋じゃんけんをしようとするとすかさずロイが「…え、じゃあ俺は誰だ?」と純粋な戸惑いを見せる。

高橋さんが「お前は野田ゆうすけだ!」と発するとすかさず野田。

「まだロイでいたかったのに…」と純粋な叫び。

 

高橋ジャンケンはブラックすぎるジャンケンでした。

対決はこちらも善戦を繰り広げコサキン2015が勝利。

ちゅうえいさん、飯尾さんどちらも一人ですぐきめるので時間がかからずにいったのが勝因だったのでは。さすがです。

ただ、面白かったけどセット売りでやったちゅうえい「ターン&」飯尾「ターン」

は"ん"がついたのでやり直し。

 

オモandロイは最後、野田「今はどっちだ?」の問いに高橋「俺はオモだ!」の返答。

そのままロイ「あ、戻った」と素の安堵の言葉で去っていきました。

 

準決勝二試合目。

佐久SHOW vs ハリウッド版DB

こちらもとてもいい勝負。

Wベジータベジータなので最後に"~だ! や ~ぞ"がつくものが多く、

佐久SHOWはだ攻めを受けるも見事あと数秒のところで勝負。

 

Wベジータ、とてもいい試合をしてました。

Rさんは言わずもがなですが

ザコシショウのベジータの声も良かったし、地上波に乗せられないモノマネも笑った!

 

そして決勝戦。

コサキン2015 vs 佐久SHOWの一人ひとりギャグが強いコンビが勝ち進み対決。

 

途中、ギャグなのか?ただのしりとりなのか?

分からなくなる熱い展開に一秒も目が離せませんでした。

庄司さんの「…めんこ!」が本当に素晴らしくてしばらく余韻に浸っていたかったけれど対決中なのですぐ次のギャグに集中しなきゃいけない感じが素晴らしい。

 

結果、秒数は数秒残しでコサキン2015の勝負。

ラリーが続く続くで呼吸ができない展開でした。

 

優勝はコサキン2015ですが、

ギャグMVPは庄司さんの「めんこ」に決定。満場一致です。

 

最後はめんこのギャグを披露でエンディングを迎えました。

 

あー。本当に凄かった。

笑いすぎて前半でおなかがすくくらい観ていてもカロリーを消費していた気がします。