読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値

「自分の価値は自分で決める」

 

その言葉に、私はそりゃそうだろ、と思った。

一緒に聞いていた友人は、

それがしたくてもできない、と言っていた。

 

他人に価値を求めてしまうからだめになってしまう

だから他人に価値を求めるのは辞めて自分で価値を決めないと、

という言葉が

深く刺さっていた。

 

私がそれは当たり前なんじゃ、と刺さらなかったのは

生まれてこのかた、価値を求める相手に出会えていないからだ。

 

依存する場所がなかった。

1人で十分に楽しんでここまできてしまったのだ。

 

他人に価値を求めることが

今の私には難しい。

 

他人に価値を求めるのは

他人にとって迷惑なのではないか、とも考える。

 

だったらいっそのことと

楽しいことをひとりでやってしまうことが増えていった。

それは歳をとればとるごとに。

 

私は他人に価値を求めてみたいものだよ。

 

人生が違う分、

人の心に強く刺さる部分が一般社会とはずれてしまっているようだ。

 

ひとり、楽しいもん。

ひとり、気楽だもん。

 

ひとりで楽しめることも、

ふたりで行きたい、ひとりじゃ行けない、なんて言ってみたいもんだな、と思う。

 

他人に価値を求めた上で

自分で価値を決めなきゃ!と思う人間になりたいものだ、と少し思ったプロの独身なのでした。